外断熱専門店として全国トップクラスの断熱性を実現|樹々匠の家づくり

外断熱専門店 株式会社 樹々匠建設

樹々匠の家づくり 外断熱専門店の誇り

快適に住んでもらいたい、そのこだわりが全国トップクラスの断熱性を実現

私は暑いのが苦手、妻は寒いのが苦手です。だからこそ家の中では暑い寒いを我慢せず、快適に暮らしたい。それを実現する為に求められる事のひとつが“高い断熱性”です。

私たちは外断熱に特化した家づくりをしています。どれだけ格好良くても、どれだけ地震に強くても“快適”な家でなければその価値は半減してしまいます。専門店にしか出来ない快適さを体感してください。

外断熱で実現する快適生活Comfortable life of JYUJYUSHO

外断熱のメリット
  • 家中にジメっとした場所も温度差もない
  • トイレや洗面所で汗をかかない
  • エアコン1台のみで家中が爽やか
  • 寝汗をかかず、朝までぐっすり
  • 家の大敵“湿気”が少ないからサラッと気持ち良い
外断熱のメリット
  • 玄関を開けた瞬間、ほんわか暖かさに包まれる
  • トイレや洗面所が寒くない
  • エアコン1台のみでひなたぼっこの暖かさ
  • 寒い朝も布団からすぐに出られる
  • 真冬でも素足でいられる

樹々匠の家の快適さをもっと詳しく!『樹々匠の家 夏/冬/梅雨』

快適な住まいを実現するためにComfortable life of JYUJYUSHO

こだわり1 内断熱と外断熱の違い

住宅の断熱には内断熱と外断熱の2種類があります。工法の優越はありません。大切なのは特徴を深く理解した上での施工能力で、内断熱も外断熱も、施工が疎かであればすべて意味がありません。

柱と柱の間にグラスウールやロックウールといった綿状の断熱材を入れていく工法です。安価で施工が容易なので一般的に行われています。使用する綿状断熱材は、湿気にとても弱い材料なので、家の大敵である“結露”対策が重要になります。確実な施工がされていないと取り返しのつかない事になります。またコンセントや金物等の隙間を無くす施工(気密)がとても難しく、気密を確保するのが難しいのも特徴です。
柱や梁といった構造の外側すべてを断熱で覆ってしまうのが外断熱です。板状の断熱材は密度が高いので断熱性が高く、施工に時間もかかる事から高価な工法といえます。壁の外側に断熱材があるので、壁の中が結露する事がなく、長きに渡って家を守ってくれる断熱工法といえます。板状の断熱材で外側すべて覆ってしまうので、気密も取りやすく高い断熱性が実現します。ただし高い気密を確実に確保しないと断熱性が発揮されないのが特徴です。

樹々匠の実績と現在

私たちは、断熱性、気密性、結露の問題等々を考慮し、お客様にとっての最善は外断熱だと考え、2004年から外断熱のみを手掛ける工務店として家づくりに取り組んできました。 現在は、更なる快適さを求めて板状断熱材(こだわり2参照)を使用した内断熱をプラスした“ダブル断熱を採用”しています。ただし、ひと言でダブル断熱と言っても中途半端なものが多いのが現実。そんな中、樹々匠建設のダブル断熱は、全国トップクラスの断熱性能(UA値0.3 W/㎡k前後)を誇り、多くのお客様からご好評をいただいています。

こだわり2 断熱材は“質”が重要

断熱材には様々な材質があります。大きく分けて、綿状断熱材(グラスウール、ロックウール等)と板状断熱材(ポリスチレンフォーム、硬質ウレタン等)があります。断熱材にとって最も怖いのは湿気です。断熱材は湿気を含むとその性能をまったく発揮できなくなります。綿は水に弱く、板は水に強いのが容易に想像出来ると思います。

私たちは外断熱専門なので、板状断熱材のみを使用しています。使用するのは硬質ウレタンフォームとフェノールフォーム。板状断熱材は湿気に強く、変形もする事もなく、綿状断熱材と比べて、同じ厚さでも断熱性が高いのが特徴です。

使用断熱材と断熱性能の違い

断熱性能(熱伝導率W/㎡・k)の違いを比べてみましょう。
数値が大きい→断熱性が悪い、数値が小さい→断熱性が良い

私たちが使用する板状断熱材は、一般的な綿状断熱材の2倍以上の断熱性を有していることが分かります。

こだわり3 断熱材は厚いほど良い?

断熱材は、厚ければ厚いほど、断熱性が高くなります。しかし、断熱材の質でお伝えした通り、質の悪い断熱材をどれだけ厚く入れても効果は少なくなりますし、厚い事による施工性の問題も発生します。

壁断熱

一般的な内断熱の断熱仕様 グラスウール16k 100mm
樹々匠建設の断熱仕様 硬質ウレタンフォーム50mm

フェノールフォーム40mm
合計90mm 樹々匠建設の仕様は、グラウスウール16kの約205mmと同等の性能になります。

屋根断熱

一般的な内断熱の断熱仕様 グラスウール16k 100mm
樹々匠建設の断熱仕様 硬質ウレタンフォーム50mm

フェノールフォーム50mm
合計100mm これはグラウスウール16kの約230mmと同等の性能になります。

質の高い断熱材を、性能面、コスト面を考慮し、効率良く使う事が重要になります。

2020年以降は、国が断熱基準を設定し、基準以上の断熱性能でなければ建ててはいけない事になっています。基準値は数値が小さいほど、断熱性能が高くなりますので、北海道が一番厳しく、南に行けば行くほど基準は緩くなります。

平成25年省エネ基準

「平成25年経済産業省国交省告示第1号 エネルギーの仕様の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」の「外皮平均熱貫流率(UA値)等の基準」によって判定を行います。仕様規定というある一定の基準を満たせばOKという基準も残ってしまう事から、根本的にこの意味すら知らない、計算出来ない工務店もあるので注意が必要です。

値が小さいほど、熱が通りにくいので省エネ性能が高いといえます。この性能(UA値0.3W/㎡k)を有している建物は静岡県西部地方では多くありません。

まずはコミュニケーションを

家づくりは、お客様と工務店がしっかりとコミュニケーションを図り、手を取り合って進めなければ成功する事はありません。家づくりで後悔しないために、まずは個別相談にお申込み後、お客様の家づくりの悩みや不安をお聞かせください。

< 個別相談 >
開催日時
随時
費用
無料
開催場所
樹々匠建設事務所、もしくはお客様宅
ご相談内容
建物のトータルコスト、住宅ローンのご相談
土地購入のご相談
建物のデザイン、性能の相談 等々

樹々匠建設では、売り込みは一切いたしません。ご相談をくださっても、突然の訪問や、不必要な電話をしたりする事はありませんし、弊社で建てなければならないという事もありません。安心してご相談ください

快適な住み心地を体感しよう!樹々匠の体感ハウス

完成見学会

完成見学会開催「佇む家」2017年1月28日(日)~2月29日(火)
浜松市東区N町:A様邸
個別相談承ります個別相談承ります
第1回はままつエコハウスコンテスト大賞を受賞しました

樹々匠の家づくり

PageTop